日本は高齢社会の先頭ランナー。
元サラリーマンの皆さんにシニアの新しい働き方を提案。
地元企業さまの経営変革につなげます。


●定年退職や中途退職で地元に帰ってくる50代から60代の元サラリーマンの皆さん(以下パートナーの皆さん)に対して、地元企業さまの経営課題に取り組む機会を創出することで、


① パートナーの皆さんには、退職後の人生充実(やりがい)と地元における地縁づくりを、
② 受け皿となる地元企業さまには、妥当なコストで経営課題解決に資する良質な支援サービスを、
提供します。


●当面、町田市及び相模原市を核とした首都圏西部のベッドタウン地域の中堅中小企業さまを「地元企業さま」とします。
●具体的には、
弊社が間に入って「パートナーの皆さんが地元企業さまといっしょに走って経営課題の解決と人材育成に貢献する」仕組みを構築することにより、
パートナーの皆さんは、自分のもつ強みである「これまでの実戦で培ってきた人間力(コミュニケーション能力・リスク対応能力・異なる視点の提示力等)と積み上げてきた専門性」を発揮。
地元企業さまは、その強みに裏付けされた味のあるサービスを享受できます。


(注)日本は就業者のうち約9割が雇用者、つまり「サラリーマン大国」です。
しかし、定年を過ぎても働きたいと思う元サラリーマンで実際に働けている人は2割程度といわれており、定年後にやりがいのある仕事をみつけることは至難の業です。
数年前から政府も「生涯現役社会」の実現を掲げ、2021年4月には70歳までの就業機会確保が企業の努力義務として課されることになりました。
しかし現在に至っても、高齢者に期待される「働きの場」は、これまでの会社での塩漬け延長、もしくは 現役世代がしたがらない低技能や3Kの低賃金の非正規労働、さもなくば 地域のボランティア活動といったところがほとんどであり、元サラリーマンの皆さんの奮起に応える「やりがい重視型」ではありません!

弊社事業モデルのイメージ図

(1)地元企業さまにとって

知見パワー株式会社の貢献(=パートナーの皆さんの働きぶり)を反映した成果報酬型料金のため、地元企業さまの納得感を得やすくなります。

①契約期間中、知見パワーが受託する事業内容に応じた「労賃」を月次ベース手数料として申し受けます。
地元企業さまの負担を軽くするため、コンサル利用の場合に比し大幅に低額設定しております。
②地元企業さまとの間で、契約期間満了時のゴールを設定し、ゴールの達成度合いに応じた成果報酬額を取り決めます。
「ゴール100%達成時の報酬額 X 達成比率」を成果報酬額といたします。
達成比率を決める際の評価基準を契約に織込んでおきます。
③地元企業さまと知見パワーとの間で月次のマイルストーンを設定し、最終達成率につき両者の乖離なきよう、月1回の評価レビューで摺合せをおこないます。
④知見パワーとの契約なので、地元企業さまはパートナーの皆さんの個人管理不要です。(雇用契約を結ぶ必要はありません。)

(2)パートナーの皆さんにとって

地元企業さま所在地(町田市及び相模原市)から遠くないところにお住いの皆さんに「パートナー登録」を募ることで、「職住近接」を実現。地元で新しいつながりができるといいですね。                                パートナーの皆さんには、仕事上の裁量権を最大限付与する一方で、成果に応じた報酬のお支払いとなります(やりがい重視型)。


①地元企業さまとの契約に沿ってジョブとゴールを明記した、有期の再委託契約です。
②地元企業さまから頂く「ベース手数料及び成果報酬」をパートナーの皆さんにお支払いいたします。(一部は弊社受領)
③知見パワーは、地元企業との月1回の評価レビュー結果をパートナーの皆さんと共有し、パートナーの皆さんと地元企業さまとの間に問題が生じた場合には、解決に向け適切な支援を行います。