定年退職、あるいは早期退職に手を挙げて・・・、そんな皆さん、
職業人生の第二ステージを どう生きますか?


「余生」じゃあ、もったいない!
3つの大切なつながり(家族・地域コミュニティ・働きの場)のすべてに目配りした「最適バランス人生」に挑戦してみませんか?
これまでの会社とのしがらみを一旦断ち、新しい場でもうひと働きしてみませんか?

昭和の高度成長期であれば、定年退職は余生の始まりでよかったけれど、
健康寿命が延びてきた今、余生と言われても心も体も持て余してしまいますよね。
人生、仕事だけじゃないけれど、
「働きの場」は、「生きがい」を実感できる最良の居場所だと思います。


でも、組織の歯車として扱われるのは、もう沢山。
仲間からリスペクトされる「働きの場」で、自分の経験と専門性を活かしてもうひと頑張りしてみませんか?
人生を振り返ってみると、会社ばかりにのめり込み、家族や地域コミュニティとちゃんと向き合ってこなかった、そんな後悔ありませんか?
第二のステージでは、仕事(会社)だけではなく地元にも何らかの貢献をしたいし、
地元ともっとつながりたい気持ち、ありますよね。
地元企業のパートナーとして、これまでの職業人生で学んできた総合力(人間力)と専門性を地元企業の発展に投じてみてはいかがですか?
「仕事を通じて地元に入る」という生き方があってもいいですよね。


それからもう一つ。
この歳になってくると、健康こそが幸せの不可欠要素です。
サラリーマン時代のように満員電車で時間をかけて通う「痛勤?」は、つらいです。
できるだけ自宅近くで働いて、自分の希望に見合った働き方が出来たらいいですね。

知見パワーが間に入り、
「パートナーの皆さんが地元企業さまといっしょに走って経営課題の解決と人材育成に取組む」
仕組みを構築します。

パートナーの皆さんには、月次定額の「労賃」に加え、契約終了時に成果に見合った報酬をお支払いします。(皆さんに業務遂行に係る裁量権をお渡しすることで、皆さんが意気に感じて頑張って頂くことを期待してます。)